ザ・ノンフィクションー結婚したい彼女の場合

1月16日のフジテレビ「ザ・ノンフィクション」は非常に興味深いテーマでした。結婚相談所に来て婚活をする30歳の女性を追ったものです。「面白い」と思ったのは私だけでなかったようで、Twitterの話題のテーマに乗っていました。

赤裸々にカメラの前にお顔をさらして、自分の男女交際歴まで披露して協力してくれた登場人物は「ミナミさん(仮名)」。幼稚園から私立で大学は法学部を卒業しています。大学を卒業し、公務員志望でしたが夢かなわず、正社員で8年間飲食店のホールで働き、手取り給料は13万。8年間ほとんど上がらないそうです。

しかもコロナ禍の飲食業は今どん底で、整理要員(クビ候補)になりましたと告げられました。ミナミさんは1年間この結婚相談所で婚活をしてきましたが成果があがらず、入会金25万、月会費3万のカリスマカウンセラーの特別コースに移りました。

ミナミさんの希望は「専業主婦、または扶養の範囲のパートで働きたい」というものです。両親が共働きで寂しい思いをしたので子どもにはそういう思いはさせたくない、とのことです。

#これ、よく聞くセリフですよね。「子どもは自分の手で育てたい」とかね。

そんなミナミさんにカリスマカウンセラーはバシッっと言います。「あなたの希望の5歳程度年上で専業主婦をさせてくれる人は1割程度しかいません。ただ40代後半ならばいるでしょう」。つまり15歳以上年上なら希望が叶うかもしれないと。

50代直前の、親の介護も本人の介護も見えているような人ならいると。

ちなみにこの番組を見ていた同じく婚活業の友人は「クビ候補になるような能力のない人に、3食食べさせてくれて自分の子どもを産まそうなんてオトコ、いないわよ」

ミナミさん、見た目も華やかではなく地味な感じで、会話ももうひとつ上手じゃない。正直人を引き付けるものがない。しかし希望は「専業主婦」。働くのに疲れちゃったのかもねー。

カウンセラーのご指導による、あまり似合わないパステルカラーのひらひらブラウスと花柄のスカートでお見合いをし、40代の資産家とデートをする。その後カウンセラーさんにメールで相談。

「相手の方は自営業なので受け取れる年金は国民年金だけなのが不安」「服は父親からのおさがりをよく着る」「Tシャツや寝具は量販店で買う。お金持ちはケチというのは本当かもしれないと思った」と気乗りがしない。

あのね、お金持ちは使うべきところと使わないところの区別がはっきりしているんです。だからお金持ちなの。こちら↓を参照

専業主婦になりたい=お金持ちと結婚したい、でもケチは嫌って。

#無理だよ(笑)

時々モラハラの相談でも夫がお金持ちだから結婚したけどケチだった、というご相談を受けるときはありますが、実はお話を伺っていて、むしろ夫の経済観念は私に近く、いまひとつ共感できない時もあります。

他にその前のお見合いで「飲食店で店員さんに対する態度が高圧的」といった、ちょっとモラハラチェックに引っかかりそうなところに気づくのは良かったですね。

そして「相手から大卒なのに飲食のホールやってるの?」と言われて傷ついたそうですが、いや、言うでしょう。あなただって相手が有名大学の卒業なのに聞いたこともない会社に勤めていたら言うでしょう。大卒はともかく8年間働いて手取り13万円のところにずーーっと勤めていたらあれれ?と思う。親と同居だからできる技ですね。

ひとつだけ、このカリスマ婚活カウンセラーさんの言うことは違うかな~と思うことがありました。

「楽になるために結婚するんだよ。誰かと一緒に手をつないで生きていくのが楽。イコール幸せ」

は?そうですか?その誰かがものすごい重しの時になることもありますけど。ひとりだったら家計はどうにでもできて、ひとりなら好きなように仕事を選べて、ひとりなら楽に生きられることの方が多いですけど。

倹約しようにもパートナーは浪費家、仕事は扶養の範囲のパートしか選べず、自分がこうしたいと言ってもパートナーから反対されて部屋の模様替えさえできない。パートナーだけでなく、相手の親族との関係が悪くていつももめごとばかり。

ひとりの方が気楽、でも、将来が不安だから結婚、専業主婦。

当然のようにこの番組の話題でTwitterが沸騰し、1月23日放送の後半へ期待が高まっていました。

後編、乞うご期待!詳細は↓

https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/

”さほど年収が高くない彼と結婚したら「共働き」「ワンオペ・ワーキングマザー」という未来が待っていることをアドバイザーから告げられる。”

さあ、どうする。ミナミさん、専業主婦は諦めるのかなーー

お金持ちはケチだからお金が貯まる

こちらの続きです。

2ちゃんねる開設の「ひろゆきさん」が僕ほどケチな人を見たことがないと語っています。

https://diamond.jp/articles/-/289905

現在フランス在住のひろゆきさん。私にとっては「2ちゃんねる、お世話になりましたー」という存在なのですが、フランスに住んだのは妻の方が「フランスに住みたいと言ったから」だそうです。

さて、ひろゆきさんは当然大金持ちでしょうが、コンビニも使わず、外食もせず(フランスは外食バカ高い!私はキッチンのあるところに泊まってスーパーで食材買って自炊します。フランス、食材は安いのよ)日本だったら当然自販機飲み物も買わないでしょう。

このインタビューの中で「僕より『ケチだ』という人がいたら、ぜひ話を聞いてみたいですね(笑)。」とありますが、ちょっと話をしてみたい(笑)

でも、「ケチ」という言葉は抵抗があるかなぁ。「お金を必要な時に必要なだけ使いたい。だから普段は不要なお金を使わない」という言葉に変えたいです。これから書きますが、子どもが受験の時、あるだけ、ガンガン、惜しみなく、使いました。「ここで使わなくていつ使うんだ。なんのためにミチミチと貯めてきたんだ」と思いました。子どもの周りで私ほどここにお金を投入した親はいないんじゃないかと思うほど使いました。

#だって浪人したら更に費用が嵩むんだもん

#当然元夫からは1円のお金も出ません。学費も出しません。全部私が出しました

必要な時にお金がない、でも親ガチャに逃げていてもしかたがないと思う。必要な時に出せるお金を貯める。そのために不要な出費はとことん削る。

これは吝嗇とは違う、効率のよいお金の使い方だと思っています。

お金の動きに敏感になるべし

一人暮らしの予算の立て方

この続きです。

先日長いつきあいの友人から「あなたの年代であなたほどマネーリテラシーの高い人を見たことがない」と言われました。

#これは誉め言葉か。誉め言葉と取ろう

「Financial Independence, Retire Early(経済的自立と早期リタイア)」という言葉も若い人を中心に広まり、お金に関する情報が急速に広がっています。それによって成功する人、しない人の差も広まっています。

私は「親ガチャ」と言ってなんでも親のせいにするよりも、自分で道を切り開く方にベクトルを向ける方が断然好きです。「親が悪い、親が悪い」と百万回つぶやいても、状況はまったく変わらないのですから。

ここに書いたとおりの貧乏な幼少期でしたから、お金がないと人間何もできないのだ、だったら自分で作るしかないのだと悟った中学時代からずっと「お金があれば何でもできる」ということに人生を傾けてきたと言っても差し支えないと思います。お金があれば卑屈にならなくてもいい、嫌なことはしなくていい、嫌な人と一緒に暮らさなくてもいい。

お金さえあれば!

と言うと、いやいや愛が大切、健康が大切と言う人はいるでしょう。でもその愛も健康もお金がないために失うことも多いのではないでしょうか。信田さよ子さんが「家族のゆくえは金しだい」という本を書かれています。

”長く家族関係のカウンセラーを続けてこられた方ならではの本です。「家族問題と長年とりくんできた臨床心理士の著者は、家族問題をとく鍵は、「お金」だと指摘する。”

私も女性センターの相談員を長い間してきて同感です。DVに限らず、家族のほころびはお金に始まり、お金が広げていくといってもいいくらい重要なことです。お金さえあれば別れなくてもいい夫婦、親子は山のようにいます。お金があればモラ夫とも別れられる、子どもが志望学校に行けると、お金さえあれば解決できることばかりです。

もちろんお金は売るほどたっぷりあるけど解決できない問題があるのも事実ですし、そういうご相談も受けてきました。夫の浮気、子どもの不登校、問題行動、母親との関係などなど。それは今回脇に置きます。

マネーリテラシーが高いと言われましたが、私のお金に対する考え方は以下のとおり。

◎働いてお金をつくる

◎つくったお金を貯める

◎そのお金を安全に増やす

◎不要な出費をしない。変な投資などをしない

◎貯まったお金を大切にしたいことに惜しまず使う

この5つですが、以前からここで紹介している「リベラルアーツ大学(ネット上の学校です。大阪にセミナールームを開設)」の両さんという方が端的に文字化しました。

https://media.monex.co.jp/articles/-/17318

「貯める」「稼ぐ」「増やす」「守る」「使う」です。

特に重要なのが「何に使うか」です。お金の使い方の悪い人は自販機飲料を買ったりコンビニでスィーツを買ったりというダラダラ使いをします。私も経済的に楽になった今は出先で食事をするときなどはコンビニでおにぎりやサンドイッチを買ったりしていますが、以前はほぼ自分で作って公園などで食べていました。

ただ、人に強要はしませんよ。使い方は人それぞれなので。人と外食するときはちゃんと一緒に楽しくいただきます♪外食はめったにないイベントなので、それはそれで楽しみ。

でも「お金がない、お金がない」と言いながら、よくこんな高いモン食べるなぁと心の中でちょっぴり思います。

>>続く

一人暮らしの予算の立て方

電話相談を受けていて、「一人で暮らすには1か月どれくらいかかりますか?」というご質問を受けるときがあります。

これはもう人それぞれ。1か月100万あっても足りない人もいれば10万でやりくりしてしまう人もいます。「えーー、ひと月100万ですか!?」と驚く方もいるかもしれませんが、います(きっぱり!)

ただ、100万円の生活費をもらってもまるっと全部使ってしまって「まだ足りない」という方もいれば、しっかりと貯蓄に回す人もいます。この「100万をまるっと全部使ってしまう方」に関しては、財源である夫と離れてからは辛いことになってしまうかもしれません。こういう方は「欲しいものは財布に(口座に)いくらあるか考えもせずに欲しいままに使う習性」がありますので、欲しいものがあるのに我慢することができません。

ただ、モラハラ被害者の方にはこういう方はそう多くはないと思います。

一人暮らしの予算をたてるのにとても都合がいいのは「自分以外に消費をする人がいない」ことです。これはどうにでもなります。食費は削りたくない方は他を削って食費にあてればいいし、どうしても着たいものがあれば、他を削って服を買えばいい。

浪費家のモラ夫がいる場合は、これができず、ただただひとりで削って削って我慢しての生活だったと思いますが、使う人がいなければ、後は自分ひとり。どうにでもなります。自分次第で貯金の額も増えます。

もしお子さんのいる場合は養育費や行政からの手当てが入りますので、ここではおいておきます。

お金の使い方が甘い方にありがちなのは、予算をたてるときに積み立て方式を使う方です。食費はいくら、光熱水費はいくら、通信費はいくらと積み立て方式で予算を立てると当然入ってくるお金よりも出ていくお金の方が多くなる。これでは予算は立てられません。

予算は総額○万○千円、食費や光熱水費、交通通信費、医療費、衣料費と引いていって足りないときは優先順位をつけて他から持ってくる。通信費は当然格安プランにする。「えー、繋がりにくいのは困る」というなら食費を削るという風にしないと予算は立てられません。

医療保険は無駄なので解約するかどうしても入りたいなら掛け捨ての安いものにする(共済とか安いですよ。医療保険は不要と思っているので私は入ったことがないけど)

絶対に無理!ならば収入を増やしましょう。以前からここに書いている通り、今は収入1では将来が不安です。副業をひとつかふたつ持ちましょう。1万円の収入でもいい。とにかく収入源を探しましょう。

こうやってやっていくと、いろいろ工夫ができて楽しいものです。私も昔から節約生活はプロだと思っていましたが、今はさらに削りに削って「昔は無駄遣いしてたなー」と思っています。あちこちの節約サイトにあるようなものはもう全部やってますからね。

予算を立てるときは自分の生活と性格を知って、それに合わせるのがコツです。

本当の幸せに気づく時

新しい夜明け

こちらで書いたとおり、いつもは一人暮らしの我が家に子どもや配偶者の方が来て、にぎやかなお正月となりました。いつも一人分しか作らないので、こういうときは分量がわからないのが困ります。

#とりあえず煮物やきんとんは山ほど作る。

今年は「余り物を安く販売するサイト」から三段お重のお節料理セットを買ってみました。初めての「外注お節」です。結果は送料込み6千円だったので「この値段なら来年も買ってもいい、元値の1万円だったら買わない」というクオリティでした。

去年書いた「手抜ききんとん」も作りました。

今年もお世話になりました~手抜ききんとん

今年もドンキの焼き芋2個で作りました。これで大きめのタッパー1個分です。ドンキがなくても、このねっとり感の出る焼き芋ならどこから買ってもいいと思う。

#「紅はるか」や「安寧芋」がこれになるらしい

焼き芋についていた焦げ目が入るので、ちょっと焦げの味がするが玉に瑕ですが、「焦げっぽい!!!」と怒鳴る人もいないので、みんなでパクパク無事完食。今年は配偶者の方が入るので、ちゃんと裏ごししたのでとってもなめらか。ちょっぴりしか入っていないのにバカ高いきんとんなんか買ってらんないわ。

煮物は以前1種類ずつ煮て完成させていたのですが、今回は手抜きをして一緒に煮たら、見栄えが悪い。里芋が煮崩れてしまっているのがある。ということで、後から再度単独煮をして合体させました。

ともかく市販のお節料理というのはみりんたっぷりで甘くて私の舌に合わないんですね。なので昔から煮物は自分で作っていましたが、その煮物を食べながら子どもが「売ってるお節の煮物は甘すぎて美味しくないんだよね」と言い出し、どうやら私の味付けに完全飼育されていることが判明。

#でもね、結婚したら、ふたりの好みを作っていくものなのですよ。それはそれでいいなぁと思います。

焼き物揚げ物は熱いうちに出したいし、お刺身は直前に切りたいので「先にお重でお酒飲んでて」といいつつ台所に立っていたら、本当にお腹がすいていたようで、お刺身を持っていく頃には蒲鉾がすでに完売直前、重箱もスカスカになりつつあり。たっぷり買ったはずにお刺身もあっという間に無くなってしまいました。

若い健康な食欲に驚きながらも、これが幸せなんだなぁとほのぼの、とっても嬉しく思いました。思えば実家のお正月も、結婚後のお正月も、わいわいと賑やかでご馳走がいっぱいでしたが、実家は母親の小言が、婚家は義父の機嫌というふたつが、和やかな座をブチ壊しました。(元夫は外面がいいので、こういうときは素を出さない)

#どんなに丹精込めて料理を作っても、たったひとりがいることで座の雰囲気が壊れてしまう。

そのひとりは自分の言葉がどれだけ人を落ち込ませるかわからない。人の気持ちがわからない。あるのは自分だけ。自分が言いたいことを次々と口から出してくる。

義父はとうにこの世から居なくなり、母は私が行かないことを恨みながら正月だけは弟宅にいました。3日は施設に戻ったはず。

あの、家族が揃った煩くてせわしないお正月が最高に幸せな時だったのだと、彼女が気がつく時が来るのだろうか。

フリアコという働き方

旅行に出て、その地方のきれいな景色や珍しい食べ物を食べるのも楽しみですが、様々な人たちと触れ合うのも醍醐味のひとつです。今回の旅行でも普段会うことのない方たちに会って、新鮮な感動をいただきました。

そのひとりがゲストハウスにいた女性です。若い、と言ってもたぶん30代前半だと思われるその方は、ゲストハウスに住み込みで働いている方でした。ちなみにそのゲストハウスを訪れるのは私は2度目で、前回来た時は私以外全員外国人でした。訪日外国人が消え、観光業は大変な状況だろうと予想はしていましたが、ここまでとは思っていませんでした。

その前の土地で泊まったのは、同じようにゲストハウスですが、新しくできたビルの中にある建物で、ホテルにはない広い共同キッチンやランドリーといったゲストハウスならではの設備が整備され、旅慣れた人たちが泊まっていました。小さな子どもを連れた家族はたぶん1室をファミリーで使っているのでしょう。ゲストハウスはホテルよりも機能的です。

ところがお客は私ひとりのゲストハウスは外国人が好むような畳敷き、襖といった純和風で、コロナ前ならば繁盛できていたものが、襖や広々とした作りがかえってこの季節は寒々として(実際とっても寒かった)、日本人には敬遠されたようです。ロケーションがいいので今回も選びましたが、次回はないかも。

さて、そのゲストハウスにいた女性から聞いた話です。

「私、フリーアコモデーションなんです」と仰る。

「は?タダのお部屋?」「そうです。このゲストハウスに住み込んで働く代わりに、全部タダにしてもらっています」

部屋代、光熱水費、ネット代などは全部無料で使え、代わりに夜8時から朝8時までの管理をするのだと言います。管理と言ってもお客は手間のかからない私ひとりなので、ほとんどすることはありません。

「住むところがあると言っても食費なんかはいるでしょう?」「私、働いてるんで収入ありますから」

彼女は通販会社のコールセンター業務をしていて、パソコンからかかってくる電話に出たり、メールの応対をすることで給料をもらっているとのこと。

「パソコンとネットがあればどこでもできる仕事ですから。前はマレーシアでこの仕事をしてました」

ひとしきりコロナ禍の中の外国で違法スレスレというか違法労働をしていた(させられていた)お話などを伺い、普段は知ることのできない情報をいただきました。

「でもね、私、もう来年は実家に帰るんです。ここはとても住み心地はいいんですが、やっぱり家じゃないんです。私、家に住みたくなったんです」

長い旅をして、結局家が一番いいということに気づいたという「青い鳥」のようなお話。もしかしたら前の宿で働いていた若い人たちも、同じようにフリアコだったのかもしれません。

先日、自分の周りの世界しか認めない人と会話をすることがありました。もしその人に「こういう暮らし方もある」と言ったら怒りまくって「そんなやつら、将来困ったときに生活保護になったりするんだろう!老後の暮らしに困るんだろう!」と言いそうだな。まぁ、そういうこともあるかもしれないけれど、どう暮らしても結構一寸先はコロナの世の中。やれるときにやりたいことをやってみるのもいいんじゃないかと思った旅の夜でした。

こだわるところ

通っているジムに行ったところ、ひとりの方がプリプリと怒りながら何か話しています。聞いているのは3人。怒っている人に適当に相槌を打っていますが、さりとて一緒になって怒っているわけでもない、というようなビミョーな状況。

どうやら怒りの原因は今年4月から始まったプログラムネット予約制の不満だとわかりました。密を避けるため、スタジオの床には番号シールが貼られ、一定の人数しか入れないようになったのです。予約は15日先までネットで入れられます。それぞれの持ちコマは8個。8個だけ予約ができます。

8個では足りないのではないかと思われそうですが、人気のないプログラムは予約不要なので(空いていれば誰でも参加可能)、その8個は人気のあるプログラムの自分の場所を押さえるために使われます。人気のあるプログラムは予約ができる時間になったとたんいきなり満席になることも珍しくありません。その方はそのすぐに満員になってしまうことにエラク憤っていました。どうやら「ジムの担当者が裏でこっそり特定の人に場所を与えているのではないか」という疑いです。

「だっておかしいでしょう?予約から一瞬で満席になるなんて絶対におかしいわよ」

プリプリと怒りまくっていますが、私は常連なのでいろいろな情報は入ってきますが、そういったインチキの話は聞いたことがありません。時間もあったので彼女の疑問を解くお手伝いをしてみようと思いました。

「予約は15日前からって最初に言っていたし、掲示物にもそう書いてあるわよね!だから私、2週間後の水曜日の予約を取ろうと思って木曜の夜0時に予約画面を開いたのよ。そしたらもう満員なのよ!」

「うん、そうでしょうね。水曜日ならば2週間後の火曜から予約を入れられるんだから満員でもおかしくないです。日付が変わろうがどうしようが、予約できるのはそのプログラムが開始される時間なので関係ないです。」

「でも、2週間前の火曜にそのプログラムが始まる時間のほんのちょっと後に予約しようとしても満員なのよ!」

「人気のあるプログラムを予約しようとしている人は時計の秒針を見ながらスタンバイしているんです。3時から始まるプログラムが予約可能になるのはぴったり3時。だから2時59分50秒くらいからカウントダウンして、59秒になったら予約画面に入ります。予約画面そのものを出していても予約ボタンは出てきません。リロードしないと予約ボタンは出てきません」

「じゃぁ、予約できている人たちは全員それをやっているの?」

「私の知っている限り全員やっています。スタジオに立つ場所がどこでもいいならそこまで気合を入れてスタンバっているわけではありませんが、いい場所を取っている人たちは全員やっています。人気のあるプログラムは10分くらいで満席になるんじゃないかなぁ。仕事をしている人なんかは家族に頼んでいますよ」

「すごい世界だわね~」そばで聞いていた人が感慨深げに言いました。

「ヨガをやっていたら隣の人がスマホを出してちょこちょこって動かしていたのよ。あれは2週間後の予約を入れていたのね。でもそれを見たら嫌な気分になったわ」

「どこのジムでもそれをやっている人がいるみたいですね。インストラクターさんが言ってました」

「どこでもそうなの?」

「そうらしいですよ。インストさんが注意すればいいのでしょうけど、なかなかそうもいかないみたいで。それができないならその時間のプログラムに出ないという人も出てくるでしょう。参加者数が契約の継続に関わるから、インストさんは言いにくいでしょうね」

「1週間ずっともやもやしていたのよ。どうしてもこのプログラムに出たいのにいつも満席。でも、今日吹っ切れたわ。もうどうでもいいわ」

晴れ晴れとは言い難い、むしろ忌々しげに、そして疲れ果てたという表情で去っていきました。

私見を言わせていただければですね、たかがジムのプログラムなんですよ。たかがエクササイズなんですよ。そんなものに全精力を使って怒りまくって、フロントにクレーム入れて、精神的にも疲れたでしょう。

そんなにそのプログラムにどうしても出たければ、カウントダウンしている人にやり方を聞いて、同じように秒針を眺めながら場所を取ったらいい。その手間暇をかけたくないならば、そのプログラムを諦めたらいい。ただそれだけのことなんです。

他のプログラム中にスマホをいじっている人がいるのが気分が悪いならば、インストさんにチクって最初に注意をしてもらう、もしインストさんがそれを断ったらそういうものだと思って諦めたらどうでしょう。世の中、そう自分の思うようにはいかないものです。他の人が自分の思いと違う動きをしただけでいちいち腹をたてていたら、精神的によくありません。

いろんな人がいるのねと思っておけばよい。

それが精神を安定させるコツだと思うのですが。

専業主婦は無保険のドライバー

先日損保会社の方とお話しする機会がありました。損保会社ですから、自動車事故にとても詳しい方で、いろいろなお話を伺いました。

私は地方に住んでいた時は毎日運転していましたが、東京に来て車を持つことの必要性を感じないので手放し、必要な時にレンタカーを借りています。

昔、車を持っていた時は当然自動車保険にばっちり入り、30年以上運転をしていましたが、保険を使ったのは1度きりです。それも職場の駐車場で車を止めようとバックした際、隣に止まっている同僚の白い車のバンパーに私の車の赤い塗料が付いてしまったというもの。

保険会社からは「これはちょとこすれば取れるものだから、保険の適用ではない」と言われましたが、同僚が強固に「バンパー総交換」を主張するので、保険屋さんも「ふたりとも私のお客さんなので今回は」ということで適用してもらいました。

保険を使ったのはその1回だけです。

その損保会社の方も「保険を使うような事故はめったにない。そういう優良な方がこの保険を支えているのですよね」と仰っていました。

そしていつしか話は離婚の話になりました。その方は給料振り込み口座のキャッシュカードを妻に渡していて、妻は好きなようにそこからお金を出し入れしているそう。

日々モラハラ被害者の方から「夫からは厳しくお金について小言を言われる」という話を伺っているし、私自身、自分以外の人の収入に頼ったことがない。ましてや自分のキャッシュカードを渡すなんて、親や子にも絶対にしない。

それなのに、世の多くの男性は自分の稼ぎが入金される口座のキャッシュカードを妻に渡しているという。

私が驚いたのが意外だったのか、その方は「妻を信頼しているからできることで」と仰るのですが、同居人(ああ、夫婦というのか)を信頼するのと、自分の稼ぎを全額渡すというのは違うと思う。

その方は「1/3の人が離婚するっていいますよね」と仰るので、「あれは数字のマジックで、その証拠に周りの人、1/3が離婚していますか?」と伺ったら「いいえ」とお答えになる。

「離婚する人はそう多くはないです。でも離婚したらたちまち困るのは収入が無くなる専業主婦です。あなたは保険無しで車を運転する人をどう思いますか?」

「無謀です。そんな怖いことできませんよ。確かに事故そのものは少ないですが、事故にあったら大損害になるし、へたをすれば破産、一家離散です」

「専業主婦は保険無しに車を運転するようなものです。もし事故(離婚した)ったら破産です。では車を注意深く運転すれば事故はないと思いますか?」

「自動車事故は1/3がもらい事故です。いくら自分が注意して運転していても、相手からぶつかってくることが多いんです」

「同じようにいくら専業主婦として一生懸命がんばっていても、夫が事故や病気で死んだり、不倫したり、うつ病になったり、会社が倒産してしまう可能性はとても大きいんです」

「そうですか。でも私の周りではそんな例はあまり聞かないなぁ」

あなたの周りではね。でも、私の周りでは山のようにありますよ。

めったにないことかもしれないけれど、保険には入る。入りましょう。

やっぱり副業は大事

先日癒しを求めにYouTubeに行ってみると、登録している「タイピー日記」のタイトルが不穏。「みなさんへ大切なお知らせ」←その時はこんな感じのタイトルだったと思いますが、現在はタイトルが変わっています。

YouTube側がタイピーさんのチャンネルがやらせ動画と判定されてしまい、1か月YouTubeからの収益が得られなくなってしまったそうです。タイピーさんの口調から、困惑や怒りや不安などが入り混じっているのが聞き取れますが、当然です。たぶん彼はこの収益で生計をたてているので、動画から収益を得られない=生活破綻になってしまいます。

結局数日後YouTube側の再調査の結果、元のとおり収益を上げられることになったのですが、これはYouTuberに限らず、一か所でしか収入のない場合、それが無くなってしまうとどうしようもないことになります。

これが単職の怖さです。例えば夫のみの収入で暮らしていた場合、夫が亡くなる、失業する、病気になる、不倫相手のところに行ってしまうなど、ともかく収入源が無くなった場合、たちまち生活できなくなります。

このリスクを専業主婦の方はわかっているのかな。わかっているけど見ないふりをしているのか、コロナにはめったに罹るものではないと私たちが生活しているように、この危うい生活を続けているのかな。

コロナは飲食業、観光業、イベント業などの業種を壊滅させました。そんな時、副業を持っていたら、金額は少なくなっても何とかしのぐことができます。

私はずずずずっと前から「副業を持とう」と言い続けてきました。このタイピーさんのように一か所のみの収入では現代はとても危ういのです。かくいう私も趣味というか特技というか、モラハラに詳しいというものを持っていたので、それで安定した生活を継続することができています。

特技(資格)も2つではなく3つくらいあった方がいいですね。私も「こんな資格が役にたつのだろうか」と思いながら取ったものも、とりあえず履歴書に書くことができているし、「○○資格を持っていること」の条件のところへ応募することもできます。

もう一人の登録YouTuberの「スーツ旅行さん」は旅行や乗り物をテーマとするYouTuberですが、昨年からコロナで旅行に行きづらくなり、さらにYouTube業界に人がどっと入って来て収益率が下がり、収入が激減しました。彼はYouTubeだけで生活するのは危ないと悟ったと語っています。

これからの世の中を生きていくには、本当に収入1では心もとないですよ。絶対に副業が必要です。

折り紙が苦手

オリンピックに続いてパラリンピックもボランティアをしている管理人です。

観客もいないので、常に忙しく仕事をしているわけではなく空き時間も結構あります。その空き時間にするのは「工作」です。部屋を飾るボードを作ったり、海外の方にお渡しする折り紙を折ったりしています。

私は折り紙がものすごく苦手で、折れるのは鶴だけなんですよぉ。。(涙。あの、幼稚園の頃、小学生の頃、みんなが易々とできる折り紙が、私はできないという屈辱感、劣等感の極み。もう、折り紙が目の前に出された時からず~~んと暗くなる。

いくら焦っても、どんなに作り方に目を凝らしても、できないものはできません。

そして今回、折り紙でメダルを作るのだそうだ。

#メダルなら100均で買ってくればいいんじゃね?
#金色の紙とボール紙で作ればいいんじゃね?

と心の叫びはあるけれど、みなさん、教えてくれる人の手元を見ながら楽しそうに折り紙を折り始めました。しかたなく私も折るけれど、どうしても意味がわからないところがあって、首をひねっていたら、教え方の若い方が優しく見本を見せて下さる。だがしかし、焦りもあって「あの~、やっぱりわかりません」

とほほ。。こんなところで恥を晒すとは。。

すると、脇で見ていた若いボーイが紙を取り、さらさらっと折り始めると、見事にできたメダル!「初めて作りました」と言うボーイに

「すご~~~い!!」という歓声。「見てればわかりますから」

ととととと、見て聞いて、やってもらって手取り足取りしてもらってもできないんですけど。。。

どうやら私はある一か所ができないとみなさんわかったらしく、そこまで他の方が作って、私に渡すという流れ作業方式になりました。う~ん、パラリンピックらしく障がい者に優しい心遣い。

昔だったら劣等感にまみれてその夜は涙に暮れるところですが、私はどうやらこういう作業が苦手ということがもう分かっていますので、「それは個性である」と開き直ります。おそらく折り紙も人の3倍くらい頑張ればできるとは思いますが、そこまで頑張ろうという気も必要もないので、これでやっていきます。

#必要があるのなら頑張りますよ!

「箱も折れないんですか?」「やっこさんとかは?」ともの珍しい生物に遭遇したように矢継ぎ早に聞かれたので、「私の人生で今まで折り紙が必要なことはなかったので、できません(●^o^●)」と明るく答えたところ、「私もだわ~」と仲良しのボランティア友が。どうやら私たち、仲良くなったのは同類項だったからかもね。

できないことを克服するのも大切かもしれませんが、この年になったら、もうできることだけやることにしています。親御さん、どうぞできない子を責めないでください。折り紙にむいていない脳構造なのかもしれません。他のことができるなら、それでいいじゃないですか。